ENVELOPE DONATION公用封筒の寄贈

福島県 須賀川市
公用封筒詳細

福島県須賀川市の公用封筒に関する『仕組み』と『寄贈までの流れ』、
広告協賛により得られるメリット、規格と料金について詳しくご説明します。

寄贈封筒見本

角2表面

長3表面

公用封筒の『仕組み』と
『寄贈までの流れ』

公用封筒の仕組み

企業様の広告料により封筒を作成し、須賀川市へ寄贈(無償提供)させて頂きます。

公用封筒作成までの流れ

広告協賛により
得られるメリット

  1. 公用封筒に掲載されるため、信頼性が高く
    イメージアップが図れます。
  2. 約半年間の掲載のため、長期的なPRとなります。
  3. 掲載枠が限られているため、他社との強力な
    差別化となります。(最大掲載26社限定)
  4. 市内全域の使用封筒となるため、地域密着性が高い。
  5. 市の節税、復興、活性化等、公用封筒の寄贈を通じて
    社会貢献を果たします。

規格と料金について

広告サイズ 角2封筒 A枠
/220mm(横)×95mm(縦)
長3封筒 B枠
/107mm(横)×95mm(縦)
広告掲載料
※封筒1種類掲載時
角2封筒 A枠
/80,000円(税別)デザイン費込
長3封筒 B枠
/60,000円(税別)デザイン費込
カラー 4色
掲載広告数 各封筒 最大2種
年間使用
予告数量
半年間33,000部
(角2/3,000部 長3/30,000部)
広告 1社あたり角2/1,000部 長3/3,000部に掲載
※26社(26種類)の封筒をシャッフルし、順に配布されるように設置されます。
意  匠 規定フォーマットに基づき
「ロゴマーク・指定文字・アミ・白抜き・イラスト・地図・写真等」使用可
封筒材質 再生紙
用  途 住民が窓口で証明書類の交付を受けた際、
持ち帰り用の封筒として使用します。
設置場所 須賀川市役所 総合サービス課、各支所市民サービス課
各市民サービスセンター(8ヶ所)
設置使用
期間
発行数量が全てなくなるまで(約1年間)

お申込・お問い合わせ

自治体一覧へもどる

ページの先頭へ戻る